Google


WWW検索 サイト内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

うーろん亭

ゲーム市場の動向を観測する予定・・・




関連タグ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連タグ 
薄型PS3発売は、確実にソフト市場にも好影響を与えているようで、ベスト版の CoD4MWが9月10日1時の段階でアマゾン在庫切れとなったようだ。

本作は日本ではマイナーなFPSジャンルの上に、海外メーカー製でありながら、 国内累計11万本以上(PS3版)を売り上げた名作タイトルで、ベスト版が 発売される前は中古でも高値がつく程に高い需要があった。

これまでのPS3ベスト版で需要が高かったものと言えば、戦場のヴァルキュリアや龍が如く見参が あるが、それらのランキング推移(■図1)と見比べても、COD4MWの人気ぶりがわかるだろう。 ちなみにアマゾンがこれらのタイトルをどの程度用意していたかは判らないが、発売日までに アマゾン在庫が切れたのはCOD4MWだけだ。また戦ヴァル、龍見参、両ベスト版の初週販売本数は 5,000程度だったようだが、COD4MWはこれを大きく上回る可能性も高い。


■図1 PS3ベスト版のランキング推移


逆転現象
このCOD4MWのアマゾンランキング推移で一つ興味深い点がある。 本作はPS3と360のマルチで2007年12月27日に発売されたのだが、その時のランキング推移(■図2)を見ると、360版の方が アマゾンでは高いランキング推移となっている。 市場全体での初週販売本数はPS3版3.7万本、360版2.4万本程度だったので、アマゾンでは 市場全体とは逆転現象が起きていた事になる。これは360ユーザーには元々海外ゲームを好む コア層が多い事に加え、比較的アマゾンを利用する360ユーザーが多いからではないかと推測出来る。

さて、本題はこの後に続く・・・


■図2 COD4MW通常版のPS3版と360版のランキング推移

さらなる逆転現象
2007年12月に発売された通常版のランキング推移では360版の方が高ランクを維持した。 そして今回のベスト版でもPS3版と360版が同時発売されるが、そのランキング 推移は(■図3)となっている。先のグラフとは逆で、今回のベスト版では 殆どの期間でPS3版が360版を上回っている。 通常版では360>PS3だったランキングが、ベスト版ではPS3>360となった背景には、市場規模の 差もあるだろうが、やはりPS3本体購入時に、安くて評価の高いタイトルを同時購入するという パターンが大きく寄与しているのではないだろうか。

因みにPS3のCOD4MWベスト版は通常版のランキング推移をも凌ぐ高順位を キープしているが、だからと言って、ベスト版の初週販売本数が PS3通常版の初週3.7万本を超えるかというと、一概には言えない。 一番の留意点は、通常版は年末商戦期だが、ベスト版は閑散期での ランキング推移という違いが大きいからだ。それでも最初にふれたように、 歴代PS3ベスト版の初週記録を大きく更新する可能性は感じさせる ランキング推移なのは間違いない。


■図3 COD4MW廉価版のPS3版と360版のランキング推移


日本 amazonランキング日付 2009/09/09
12
1日前: 13
2日前: 13
3日前: 16
4日前: 16
5日前: 17
6日前: 20
7日前: 18
コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア

参考価格: ¥ 2,940
価格: ¥ 2,376
OFF: ¥ 564(19%)

発売日:2009/09/10 PlayStation 3
平均:11.5 最高:10 最低:14
公式サイト
13 14 13 13 12 11 10 10 10 10 11 12 12 12 12 12 12 11 11 11 11 11 11 11


関連記事

コメントの投稿









copyright © うーろん亭 all rights reserved.
Designed by oolongtea2001
ご意見・ご連絡等は までお願いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。