Google


WWW検索 サイト内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

うーろん亭

ゲーム市場の動向を観測する予定・・・




関連タグ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連タグ 
初週で前作超えのマリギャラ2は今後も安泰と言えるのか?
マリオギャラクシー2が初週34万本を販売し、 前作初週の25万本を9万本程上回ったようだ。(※メディクリ週販データより) Wii市場ではシリーズ物の大半が前作割れしている中で、 さすが任天堂の看板タイトルと言えるだろう。 しかし、この初週結果だけを根拠に、 今後も順調な伸びが約束されているかと言うと、 そうとも言い切れない。

前作を超えるスタートを達成したタイトルのその後
これまで任天堂販売で前作と続編がともにWiiでリリースされたタイトルとしては、 WiiFitの続編であるWiiFitプラスと、Wiiスポーツの続編であるWiiスポーツリゾートと、今回のマリギャラの3つしかない。 (※マリソニは夏季と冬季という注目度自体の違いがあるのでここでは対象外とする) そして、今回のマリギャラ2と同じように、 WiiFit+、Wiiスポーツリゾートの初週販売本数が出た時も 「前作を超える好調な出だし」という見方が散見された。 具体的な初週の数字はWiiFit+が26.1万本から33.9万本、 Wiiスポーツリゾートは17.6万本から35.9万本で前作超えをしている。■図1

■図1 初週販売本数推移



しかし、それらのタイトルの累計を見ると意外な事が分る。 Wiiスポリゾートは前作累計361万本が189万本、 WiiFit+は前作累計356万本が191万本と大幅に前作累計を割り込んでいて、 発売週には前作を超えるペースで売れても、その勢いが長続きしていない事が分る。■図2(※前作の累計本数はGEIMIN.NETまとめによるメディクリ2009年TOP1000より、 続編の累計本数は本サイト集計の週販データの累計)

■図2 累計販売本数推移



何故前作超えのスタートでも、累計では明らかな減少となるのか?
初週は前作超えでも、累計では前作割れという事は、 発売から数週経過した以降のセールスが前作に比べて落ち込んでいるという事になる。 では、ゲームソフト市場においてロングセールスを実現する要素は何かと言うと2つ挙げられる。 一つ目は、既存のユーザーが発売日以降に買っている場合。 例えばライト層や子供向けタイトルであれば、 不定期の需要(誕生日や、何かしらのご褒美)や、 特定商戦機(GW、お盆、クリスマス、お正月)によるセールスによって、 発売日から数週を過ぎた以降もセールスが持続する傾向がある。

2つ目は、ハード新規購入ユーザーが本体と同時購入するタイトルとして選択する場合だ。 この点については過去記事の Wii本体とWiiFitの販売傾向から見える事 に詳しく書いたが、ここでも簡単にまとめると
Wii本体とWiiFitの販売動向を見比べると、 それぞれの週販本数と週販台数の増減に、 非常に高い相関関係が見られる事から、 Wii本体とWiiFitが長期間同時購入されている事が推測出来る。
という事だ。因みに過去記事ではWiiFitとの相関についての数字だが、 これはWiiFit+でも同様の傾向が確認出来る。

つまりロングセラー商品とは、既存ユーザーと、新規ユーザーの購買動向によって実現されているのだが、 以降では、2つ目の新規ハード購入者がソフトを同時購入する場合に着目したデータを見てみる。

■図3はWiiFitとWiiFit+、WiiスポーツとWiiスポーツリゾートの発売から35週間の累計ハード販売台数の比較だ。 (※本体の台数はメディクリ発表週販データ) この図から、Wiiスポーツ発売から35週間の本体販売台数322万台が、 その続編のWiiスポーツリゾートでは185万台に減少。 WiiFit発売から35週間の本体販売台数261万台が、その続編のWiiFit+では182万台にそれぞれ減少しているのが分る。

先述した通り、本体と同時購入されるロングセラータイトルの場合は、 ソフト発売後の本体販売台数が前作よりも減っていれば、 それに併せて続編ソフトの販売本数も減る事になる。 その関連性は■図2のソフトにおける前作と続編の販売本数推移と、 ■図3の当該ソフト販売後のハード販売台数推移が、 同様の傾向になっている事からも一目瞭然だろう。 もちろん、続編の累計が前作を超えられない原因が、 続編ソフト発売以降の本体販売台数低下だけに因るものとは言えないが、 その一端である事は間違い無いだろう。

そしてこの事から、いくら初週が前作を超えても、 今後のハード販売推移が低調であれば、 ハードと同時にマリギャラ2が買われる数も少なくなり、 結果としてそれが累計の減少に繋がる可能性が考えられる。

■図3 ソフト発売以降35週間の累計ハード販売台数



初週販売本数が前作を超えた意味
そもそも、続編物の初週販売本数とは、 前作を購入したユーザーで、 比較的ゲーム購入に積極的な層(ゲーマー層)が、 どれ程続編に期待していたかを示す指標の様な物と言える。

そういう意味で言えば、続編が前作初週を上回ったという事は、 ゲーマー層の増加として考える事は出来るが、 この初週の勢いだけをみて「初週が前作超えたから、累計でも前作を超える」とは言えないだろう。

何故なら、Wiiユーザー層の大半はゲームを発売初週やその近辺に買うゲーマー層ではなく、 前述したようにライト層や子供向けとして長期間分散して買うような層である事は、 実際のWiiFitやWiiスポーツ等のロングセラータイトルの初週販売本数と累計の割合からも明らかだからだ。 つまり、マリギャラ2が前作累計本数を超えるかどうかは、 初週販売本数の比較では推し量るのは難しく、 あくまでも今後の販売傾向次第という事になる。

マリギャラ2の累計前作超えは可能か?
では、マリギャラ2自体の今後の推移を予想する前に、 前作のマリギャラ自体はどのような週販推移だったのかを本体週販と併せておさらいしてみよう。

■図4はマリギャラとWii本体の週別販売推移だ。(※週販台数はメディクリ発表データ、ソフト本数は本サイト集計の週販データの累計) 発売から数週のソフト週販本数は、ハード週販台数を上回っているが、 発売4週目以降はハード週販台数の増減に応じて、ソフト販売本数も増減している事が確認出来る。

■図4 マリギャラとWii本体週販推移



このグラフから分る重要な点は2点ある。 1点目は、前作マリギャラでは、発売1ヶ月後の年末商戦(5週間)で37万本前後という大幅な上積みが出来たが、 マリギャラ2では年末商戦が7ヶ月後であり、 当然その時期には新たな目玉タイトルも出てくるだろうし、 年末のマリギャラ2に前作と同等の上積みを期待するのは難しいと考えられる。

2点目は、前作マリギャラの年末商戦以降ではハード台数とソフト販売本数が大きく差が開いている点だ。 これは当時の売れ筋タイトルの1番手はWiiFit、2番手がWiiスポーツ、3番手がマリソニ北京であり、 マリギャラは4番手に甘んじていたという事が大きい。 もしマリギャラ2でも、今後発売される他タイトルに遅れをとるような事になれば、 当然累計の伸びにも響いてくる。一ヵ月後に発売されるWii Partyはもちろん、 現在でも売れているNewスーパマリオの販売動向も大きく影響するだろう。

更に本体の週販台数の違いについても言及すると、 マリギャラが発売された時期の2008年1月から21週間(2008/1/7日週-2008/5/26日週)の本体販売台数は131.1万台に対して、 2010年1月からの同期間(2010/1/4日週-2010/5/24日週)では71.9万台と、 当時の54%に落ち込んでいる点も、本体と同時購入するケースでは影響が大きそうだ。

これらの点をふまえると、 マリギャラ2が前作の累計100万本を超えるかどうかについて、 現時点で楽観視は出来ないと考える。 もう少し具体的に言えば、 初週の倍以上である累計70万本程度は超えるだろうが、 80万ー90万本辺りで以外と伸び悩む可能性も考えられる。 どちらにせよ、あと数週程度(週販本数が週販台数付近になるまで)は様子を見なければ、 これ以上の予測を立てるのは難しいだろう。
関連記事

コメントの投稿









copyright © うーろん亭 all rights reserved.
Designed by oolongtea2001
ご意見・ご連絡等は までお願いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。