Google


WWW検索 サイト内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

うーろん亭

ゲーム市場の動向を観測する予定・・・




関連タグ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連タグ 
PS3新モデルについて一通り情報が出揃ったようです。

価格は39980円。
互換性はPS規格の互換性あり、PS2規格の互換性無し。
日本での発売日は11月11日。
現行型は10月17日より20Gは44980円、60Gは54980円へ値下げ。
同梱のコントローラはDS3ではなく、SIXAXISのまま。


以前のエントリで書いた

但し、一気に1万円程度の値下げとなると、値下げアナウンス直前に購入した
ユーザーが抱不満は相当な物になるでしょうから前述のPS2値下げのように
2,3ヶ月程度をかけて徐々に値下げを行う事があるのかも知れません。

若しくは、値下げが納得できるような現行機種との大幅な差別化が行われる
モデルが登場するかもしれません。

という、部分が現実となったようです。
今回の新モデルの特徴はなんと言っても価格低下と引き替えに、PS2互換性を
とりさった事でしょう。

この思い切った新モデルの投入理由として、リリースでは
第一に「PS2互換性がそれ程必要とされていない」点と、
第二に「PS3ソフトウェアの充実してきた」という事を挙げています。
以降にその理由の真偽をチェックしてみる。



北米、欧州におけるPS2互換性の需要は少ない?
実際にPS2互換機能はどの程度の重要度を海外市場で持っているのか?
本サイトで掲載しているアマゾンのコンソール別シェアの10月1日週のグラフ
見てみると、それが比較的よく解ると思います。

日本市場では、PS2関連タイトルシェアが25%程度で推移しています。
これが北米10%程度、イギリス8%、フランス11%、ドイツ10%と、日本に
比べると半分以下と格段に少ない状況です。
特にイギリスの場合には、PS2が8%に対してPS3は14%程度で推移してシェア
が逆転しています。こういう状況からみれば、PS3発売当初よりもPS2互換性の
重要度が大きく低下しているのは事実と言っていいでしょう。

また、手持ちのPS2が故障した為にPS3へ買い換える場合よりも、PS2は健在だが
まだPS3が高い為に買い控えているという状況の方が多ければ、PS2互換機能の
潜在的な需要は更に下がる事になり、廉価版PS3の投入効果は上がるでしょう。



「PS3ソフトウェアの充実?」
北米、欧州では日本市場よりもPS2の勢いが衰えてはいますが、それでも
現段階でPS2互換性切り捨ては思い切った施策だと思います。
そこで互換性無しのPS3を普及させる為には、PS2互換性を上回る価値を
PS3新規タイトルで示す必要があります。そして、その役割を担うソフトが
PESとGT5Pという両タイトルなのかもしれません。

日本や欧州で高いブランド力を持つPES(日本版ウイニングイレブン)と
GTシリーズが、PS3新モデルとの相乗効果を引き起こす事が出来るか?
これがこの年末の注目点になるでしょう。
しかし、そのような相乗効果が期待出来る他のソフトが日本市場では
三国無双くらいしか見あたらない事を考えれば、まだまだ十分とは言えない。

PS3に限りませんが、ハードはソフトの支えがあってこそ。
PS3発売当初はAV面等のハード的な高性能を売りにしている部分が
大きかったが、今後はゲーム機としてのハードとソフト両面で盛り上げて
行く再出発点が廉価版PS3の発売という事なのでしょうから、更なるソフトの
充実に向けて環境を整えていく必要があるでしょう。



今後の日本での展開は?
今回、現行20G/60Gモデルに対して5000円の割り引きが設定されましたが、
PS2互換性を重視するユーザーは買っておく方が良いかも知れません。将来的には
日本市場のラインアップはPS2互換性が落ちる80Gモデルと、PS2互換性の無い40G
モデルの2つになる可能性もありますから。

但し、今回発表されたPS2互換性無しのPS3はあくまでも現状の市場動向に即した
モデルというだけで「将来に渡ってPS2との互換性を捨てます」という宣言ではない
でしょう。

SCE自体は、今後PS2向けに発売されるソフトについても、PS3で互換性が取りやすい
ように「標準化」を進めるという話もあります。それと、今後発売されるであろう携帯型
ゲーム機はPS2アーキテクチャの延長線上で開発される事は間違いないでしょう。
そう言った連携を考えてもPS2の互換性をまとめる必要性があるのかもしれません。
今更感はありますが、将来に向けてやらなければならない事なのでしょう。



新型PS3は現状で行える最良の策なのか?
PS2の互換性が必要な人とそうでない人の為に、明確な選択肢を用意したという事は
良い施策と言えます。しかし、一点だけ不満を挙げるとすると、それは振動型コント
ローラDS3が本体同梱されない事。

これは非常に痛い。振動なしと、振動ありコントローラの価格差はたった500円。
振動有りのコントローラを望む人にとっては、PS3購入後に余計な5500円の出費を
強いられます。これではせっかく廉価版PS3を投入した魅力が半減してしまいます。
そういうユーザーの為にSCEはDS3同梱のPS3パッケージを用意すべきでしょう。

関連記事

コメントの投稿









copyright © うーろん亭 all rights reserved.
Designed by oolongtea2001
ご意見・ご連絡等は までお願いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。