Google


WWW検索 サイト内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

うーろん亭

ゲーム市場の動向を観測する予定・・・




関連タグ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連タグ 
360の価格攻勢
年末に向けた360の施策で最もインパンクトがあったのが、通常版の60Gモデルが 29,800円(税込み)という点だろうか。スペック的にはPS3現在モデルの40Gに 対応する商品だが、PS3の価格は39,980円(税込み)で1万円近く差がついている。

また60Gモデルの価格が29,980円でなく、29,800円という設定にも、攻めの 姿勢を強く感じる。これはアーケードの19,800円やエリートの39,800円も同じだ。 PS3が「ギリギリ」で4万円を切っている事とは対照的だろう。この360の新価格が MSの「余裕」なのか「意気込み」なのかは分からないが。

日本市場における360は、その普及は全くと言っていい程進んでいない。 3年近くを経過して僅か70万台程度だ。普通のハードならばとっくに撤退を 余儀なくされるレベルだろう。しかし今回の360の施策は「もしかして」と 今まで以上の普及に期待を抱かせるものだろう。

PS3はどうでる?
この360の価格攻勢を受けて、SCEはどう出るか非常に注目される。 秋にはHDDを40Gから80Gにしたモデルの投入が予定されているが、これまでの PS3陣営の話をそのまま信じるならば、PS3新モデルの価格が下がる事は期待薄だろう。

しかし、この360の価格を見ても静観していられるか?圧倒的な普及度の違いがある 日本市場ではあるが、最近の販売台数ペースで接近しているアメリカで100ドル 程度の差をそのままにしておけるかは意見が分かれるのではないか。
正しくは、北米で300ドルで販売されるのは旧20Gモデルだけで、60Gモデルは約350ドルとなっている。 よって北米においてPS3の80Gモデルと100ドルの価格差があるのは旧20Gモデルの在庫分だけのようだ。

つまり360の日本市場へのテコ入れとして、大幅な値下げに踏み切ったという事のようだ。
(2008/9/7訂正) アメリカでも新バージョンのアーケード199.99ドル、60Gスタンダードが299.99ドル、120Gエリートが399.99ドルとなります。現状のアメリカ市場での360とPS3の均衡状態を考えると、PS3との価格差では 360有利に傾く可能性が高いかもしれない。

PS3は高い?
価格が高いと言われるPS3だが、ネット使用料が無料(360は各モデル一定の無料期間後に有料)、ワイヤレス コントローラにはリチウムイオンバッテリー搭載(Wii/360は通常電池)、BD再生機能と サービスや純粋なハード面では、その価格に見合う構成と言える。しかし、問題はその価値は 一部のユーザーにしか訴求していなく、多数の消費者にとって伝わり難いという面だろう。中でも 現状における一番の誤算は、BD再生が一般の消費者には訴求の材料となっていない上に、コスト アップの要因になっている事か。しかもPS3のBDドライブは本体の形状に合わせる為に、特別な 加工がされて余計にコストが掛かっている。

わざわざこんなコストアップに繋がるデザインにしたのは「PS3は高くても売れる」という ”余裕”があったのだと思うが、今となっては”奢り”や”自己満足”の結果だったと 言われても仕方が無いだろう。

耐え忍ぶのか、戦うのか
E3でのソニーのプレゼンでも語られたのが「10年間売る」というスタンスだ。 しかしその10年が「立ち上げから数年は我慢する」という意味ならば、PS3の購入を 検討するのは、その後で十分だという事になる。今回の360の価格攻勢は、ユーザーに 対してその判断を更に迫るものになるだろう。

「あなたは今PS3を買いますか?それとも360を買いますか?」

そしてこの問いかけは、ユーザーだけではなく、SCEにも向けられていると強く感じた。 N64で負けた任天堂は、次のGCでも不調だった。10年戦うと言っても、初期の3年で 負けてしまえば、残り7年どころか、その次のチャンスさえ 潰してしまいかねないので、年末商戦に向けたSCEの対応が注目される。

個人的には、最低でも本体価格が35,000円前後のモデルを出して 欲しいとは思うが、果たしてどうなるか。
関連記事

コメントの投稿









copyright © うーろん亭 all rights reserved.
Designed by oolongtea2001
ご意見・ご連絡等は までお願いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。