Google


WWW検索 サイト内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

うーろん亭

ゲーム市場の動向を観測する予定・・・




関連タグ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連タグ 
アメリカではいよいよクリスマス商戦の幕開け
アメリカではクリスマス商戦が始まっているが、その中でもっとも 好調なスタートを切ったのは、やはりというか任天堂のようだ。 それはアマゾンベストセラーランキングでのコンソール別 商品のシェアを見てもらえれば一目瞭然だ。

という事で、先ずはアメリカにおける任天堂圧勝のグラフを見てもらいたい。

アメリカ シェア推移 360 Wii PS2 PS3 DS PSP Win

(このグラフはアマゾンランキング上位200位までの商品別シェア推移を表している。 つまりソフトだけではなく、ハードやアクセサリー等を全て含んだシェアだ。 Wiiの場合はコントローラやWiiハンドル、バッテリーチャージャー等のアクセサリも 含まれる)

任天堂の勢いは11月に入ってから急激に伸び始め、最新のシェアでは Wiiが45%、DSが25%と合わせて70%近いシェアを誇っている。 これは、アマゾンランキングの上位200位までの70%(140件)は任天堂ハードの 関連商品で占められているという事になる。 一年前の状況では、WiiとDSが共に30%弱だったので、今年はDSは多少落ち込んだ 代わりにWii関連商品が大幅に伸びている事が分かる。

一方、その躍進の影響を受けて急激にシェアを落としているのが360とPS3だ。 両機種とも昨年も12月に入ってからどれだけ勢いを回復させる事が出来るのか注目したい。

アメリカで絶好調の任天堂だが、他地域ではどのような状況かも見てみる。

イギリス シェア推移 360 Wii PS2 PS3 DS PSP Win


アメリカと似たような傾向が見られる。 WiiとDSでおよそ60%弱のシェアで、360とPS3のシェアが落ちている。

フランス シェア推移 360 Wii PS2 PS3 DS PSP Win


フランスもWiiとDSでシェア60%強を占めている。アメリカやイギリスとの違いは WiiよりもDSの方がシェアが高い点。360とPS3自体は商戦前から10%程度を 推移していて、商戦による特別な落ち込みは見られない。その代りか、PC関連の シェアが急激に落ちている。

ドイツ シェア推移 360 Wii PS2 PS3 DS PSP Win


ドイツもWiiとDSが商戦による上昇が見られるが、他地域程の高いシェアとはなっていないようだ。 フランスと同じで360とPS3の落ち込みが見られない代わりにPCのシェアが落ちている。 欧州では比較的年齢層の高いゲームユーザーはPCでゲームをするという環境が ある為だろう。

ついでに日本の状況もどうぞ。

日本 シェア推移 360 Wii PS2 PS3 DS PSP Win


日本は海外とはかなり様相が違っていて。圧倒的シェアを持つDSについでPSPが 2番手という形になっている。海外でシェアの高いWiiも日本では他の据置次世代機と同じ 10%から15%程度のシェアを推移している。

以上、各地域における商品数ベースのシェア推移を見て来たが、あらためて このデータについて注意して欲しい事がある。 それは、このデータは商品数ベースのシェアなので、WiiFitやマリオカートのように 突出した販売本数を誇る商品があっても、商品数ベースのシェア向上には結び つかないという点だ。100万本売れようが、1万本売れようが商品数としては同じ1件としか カウントされない。

そう言った点からみると、海外ではシェアが高いWiiが日本では不調なのは、 「日本では一部のWiiソフトは売れるが、それが他のWii商品に波及していない」 のではないかとも考えられる。 これは「日本でのWiiはサード製タイトルが売れ難い」という指摘にも通じる点だろう。

日本での年末商戦はこれから更に高まっていくが、この点がどう推移していくか?

また、ソフト販売本数ベースの状況についてはまた別の機会にまとめる予定。
関連記事

コメントの投稿









copyright © うーろん亭 all rights reserved.
Designed by oolongtea2001
ご意見・ご連絡等は までお願いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。