Google


WWW検索 サイト内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

うーろん亭

ゲーム市場の動向を観測する予定・・・




関連タグ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連タグ 
留まる事のないWiiの販売台数
11月27日にWiiの販売台数が国内700万台を突破したとエンターブレインが 発表した。 世界的な不況の中でも確実に販売台数を伸ばしてるWiiの好調さを 裏付けるニュースだが、一つ気になる事があった。それは販売台数500万台超えの ニュース時には聞かれた 「Wiiがいかに好調に売れているかを表すフレーズ」が、今回は聞かれなかった点だ。

Wiiの好調さを象徴するフレーズとは?
答えをばらす前に、実際に500万台突破時のニュースを振り返ってみよう。

 任天堂の家庭用ゲーム機「Wii」の国内販売台数が500万台を突破したことが22日、エンターブレインの調べで明らかになった。06年12月の発売から60週目の達成で、携帯ゲーム機のニンテンドーDSの56週に次ぎ、家庭用ゲーム機では、プレイステーション(PS)2の66週を超える最速ペースでの大台突破となった。
引用:毎日jp


そう、500万台突破時には聞かれた「最速」や「PS2を超える」というフレーズが 700万台突破の今回には聞かれなかった点だ。では実際にはWiiとPS2の販売台数の 推移はどうだったのかをグラフにまとめた。



白と水色の垂直線はそれぞれの機種での年末商戦(12月初週)の位置を表している。

このグラフを見ると、確かにWiiの500万台突破時はPS2を超えるペースであったが、700万台 突破はPS2よりも遅れている。WiiがPS2のペースを下回った要因の一つは、PS2が2度目の 年末商戦によって一気に700万台を達成した点にある。当然Wiiもこれから3度目の 年末商戦を迎えるので、今後どうなるかも推測してみる。

年末商戦でWiiは再度PS2を超えられるのか?
今までのゲームハード販売実績を見ると、12月の商戦機におけるハード販売台数は、10月のハード販売台数に対して 多くても7倍程度という傾向が出ている。

  • DSが2005年に6.8倍

  • PS2が2001年に5.5倍、2002年に4倍、2003年に5.7倍

  • Wiiが2007年に6.7倍


  • 上記傾向を今年のWiiに当てはめると、Wiiの10月販売台数は9.6万台程度なので これを7倍した67万台程度が上限と考えられる。 現状の103週時点でも100万台近い差があり、またPS2は103週以降の4週間(2002年3月分)で 40万台程度の上積みがある。つまりWiiは年末商戦で140万台以上を販売すれば、再びPS2を超えるペースとなる。

    この140万台とは全盛期のDSと同じ台数であり、昨年のWiiで87万台という実績も併せて 考えると、いくら現世代の据置では絶好調とは言え、さすがに不可能な数字と思われる。

    WiiはPS2に代わる存在になれるのか?
    据置市場は1つのハードしか生き残れないという主張がある。個人的には Wiiというハードの性質上そうはならないと考えるが、もしWiiがPS2に 代わる据置ゲーム機になれるとするならば、PS2の販売台数を追随していけるか というのも判断材料の一つとなるだろう。

    そういう意味でも、今年の年末商戦でWiiがどのくらい販売台数を伸ばすかに注目したい。
    関連記事

    コメントの投稿









    copyright © うーろん亭 all rights reserved.
    Designed by oolongtea2001
    ご意見・ご連絡等は までお願いします。

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。