Google


WWW検索 サイト内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

うーろん亭

ゲーム市場の動向を観測する予定・・・




関連タグ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連タグ 
世界的な不況が押し寄せる中、アメリカのゲーム市場は 拡大を見せたようだが、ソフト市場の中身はどうだったのか? それをNPDデータによって明らかにしていきたい。 ソースはこちら

基本的なNPDデータ話をすると、一般向けには月間セールスで 1位から10位までの販売本数しか開示されていない。また11位以降の 数字が出ている場合でも、10万本から20万本というような範囲表記の場合は 平均値にて凡その本数を計算している。 よって、例の如く「だいたいこんな感じ」または「良く売れたソフトの傾向」として見て欲しい。

では、いってみよう。

据置市場の全体の動向
機種別ではWiiが2,490万本でトップ、360が2,082万本、PS3が783万本と続いた。(表1) やはりWiiはアメリカでも堅調に販売本数を伸ばしているようだ。深刻なのはPS3の783万本だろう。 同じHD機という位置づけの360の半分以下の数となっている。SCEは 「PS3は10年戦えるプラットフォーム」との認識を持っているようだが、この現実は 早期にインストールベースの増大を図る必要性を示している。

■表1 据置型ゲーム機別販売本数

XB360WiiPS3
累計[万本]
2,082 2,490 783


アメリカのWii市場も任天堂が圧倒?
国内のWii市場では任天堂製タイトルが売れて、サードには 厳しいという事を度々伝えてきたが、アメリカではどうなのか?

国内Wii市場における任天堂のシェアも80%以上と伝えたが、アメリカでも 81.39%と同様の高い水準であった。(表2)またWiiのサード市場464万本はPS3の677万本よりも 少ない結果となっている。

■表2 据置型ゲーム機別1st/3rdシェア

XB360WiiPS3
1st409 2,027 106
3rd1,672 464 677

2,082 2,490 783
1stシェア(%)19.67 81.39 13.48




またWii市場におけるサードタイトル(表3)を見ると、パーティ系、低年齢層向きソフトが 多数を占める結果となっていて、HD機では売れ筋ジャンルであり、所謂コアゲーマー向けFPS等は まったく上位に現れていない。

■表3 主なWii市場サードにおけるタイトル
タイトル本数[万本]
Rock Band46
Guitar Heroシリーズ228
Game Party52
Carnival Games32
Legoシリーズ45
累計403


SD市場とHD市場の勢い
今世代の据置ゲームの争いは単なるトップハードを巡る争いだけではなく、SD機に 留まったWiiと、HD機に進んだ360とPS3という見方も出来る。そこでSD機(Wii+PS2)と HD機(360+PS3)のシェアを比較してみる。



HD機の2864万本(49%)に対して、SD機が2746万本(51%)と僅かにHD機が上回っている。 但し、これは冒頭でも語った通り、NPD発表の上位ランキングが中心となった データであるので、全体を見るとまた結果が変っている可能性もある。

ただし、そういう点を踏まえても、HD機とSD機のぞれが確固とした需要を 抱えている事は明らかだろう。これまは「ゲーム機市場はゼロサムゲームで 一人の勝者が全てを得る」と言われてた。しかし今世代に限ってはHDのゲームを 望むユーザーと、SDのゲーム(というかWiiのゲーム)を望むユーザーの間には 大きな壁があり、どちらか一方の路線がもう一方を飲み込むという事は難しいので はないかと感じる。それがHD機市場とSD市場における、サード製タイトルの 売れ方の違い等にも現れているのではないだろうか。

逆に言えば、HD路線で競合関係にある360とPS3が並存出来るのかは 非常に不透明だろう。2009年はSD機とHD機のシェアと、HD機内でのシェアの 動向に注目していきたい。
関連記事

コメントの投稿









copyright © うーろん亭 all rights reserved.
Designed by oolongtea2001
ご意見・ご連絡等は までお願いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。